沖縄放浪日記

この記事をシェアする

2017年5月27日土曜日

沖縄県内に6店舗をチェーン展開している大人気食堂の美里店☆

どーもども⭐

今週火曜日(23日)は、ヨメさんと一緒に本島中部まで出かけてきたんですが、帰る途中にどこかで夕ご飯を食べてから帰ろうってことになり、沖縄市明道の県道85号線沿いにある大衆食堂に立ち寄りました💨

こちらは、沖縄県内に6店舗をチェーン展開している大人気の食堂の系列店となっており、利用するのは超ぉ~久しぶりでしたね😁

沖縄県沖縄市明道にある

『最強食堂 美里店

最強食堂 美里店の写真
う~ん🎵やっぱり美味しかったッスね(笑)😁👍

2017年5月26日金曜日

うるま市宇堅に点在する『クバウ御嶽』をはじめとする史跡☆

ハイサぁ~イ⭐

以前、うるま市天願にある『天願グスク』・『天願貝塚』をご紹介しましたが、『天願グスク』・『天願貝塚』、そして『祝女殿内』を見学した後、今度は同市宇堅に点在する史跡を見学しに向かいました。

まず最初に向かったのは、うるま市宇堅の県道224号線沿いに建立されている御嶽。

県道側に面して立派な鳥居があり、その奥にはこれまた立派な社殿が建立されていました。

うるま市字宇堅にある

『クバウ御嶽と点在する史跡』

宇堅村クバウ嶽之殿の写真
県道224号線沿いに建立された『宇堅村クバウ嶽之殿』
こちらは、以前ご紹介したうるま市天願の『天願グスク』・『天願貝塚』の前から、県道224号線を同市赤野向けに約1.4㎞ほど進んでいくと、県道沿い左側にあります。
宇堅村クバウ嶽之殿の写真
県道上から見た『宇堅村クバウ嶽之殿』
県道側には『クバウ御嶽』と表記された案内板が立てられていたんですが、『コバウノ嶽』や『クバウ嶽ノ殿』と称されているようです。
宇堅村クバウ嶽之殿の写真
鳥居の横に設置されていた霊石(?)
立派な鳥居をくぐると、すぐに大きな社殿があり、その拝殿へ向かう階段横には、『宇堅村クバウ嶽之殿』と刻まれた石碑が立てられていました。
宇堅村クバウ嶽之殿の写真
『宇堅村クバウ嶽之殿』の社殿と石碑
宇堅村クバウ嶽之殿の写真
拝殿の前に立てられていた石碑。
鳥居や祠などの建造物は、比較的新しい感じがしたので、もしかすると、ここ数年の間に建て替えられたのかもしれませんね。
宇堅村クバウ嶽之殿の写真
敷地の奥側にあった拝所。水瓶らしき器と霊石が置かれていました。
また、社殿の前までいくと、その横にも拝所が設けられており、水瓶らしき器と小さな霊石が祀られていました。
宇堅村クバウ嶽之殿の写真
敷地の奥側から見た『宇堅村クバウ嶽之殿』
こんなに立派な御嶽なのに、ネットには資料などの詳細がUPされておらず、詳しいことはほとんど分かりませんでしたね。。。

唯一得られた情報では、こちらを管轄されているのは、『田場巫』という田場村を管轄するノロ(祝女)なんだそうですよ。

出来れば、御嶽に関する資料などを市の公式HPにUPしてほしいですね。。。

この『宇堅村クバウ嶽之殿』を見学した後、次に向かったのは、御嶽の前の県道をうるま市赤野向けに約50mほど進んだところ左側の角にあった史跡。。。

こちらは、うるま市の遺跡分布図にも表記されておらず、『新宇堅橋』の手前に立てられていた標柱を偶然発見したんです。
アシビナーの写真
アシビナー
『アシビナー』とは、村の祭りやウシデーク(豊年予祝などの祭祀舞踊)などの祭祀を行う場所のことです。
アシビナーの写真
新宇堅橋の上から見た宇堅村の『アシビナー』
恐らく現在は、区の公民館や広場などで祭事を行っていると思うんですが、かつてはこちらが祭祀を行う場だったのでしょうね。

この『アシビナー』のある場所から県道を渡り、西向けに伸びる脇道へと進みます。

脇道に入って約90mほど進んでいくと、道沿いに案内板が設置されているのが見えてきます。

その案内板には『ウキンガー』と表記されていました。
ウキンガー(ウケンガー)の写真
天願川と小道に挟まれた場所にある『ウキンガー』
うるま市の資料『5章.地域別みどりの配置方針』にある『みどりの現況特製図(具志川地域)』には、『ウケンガー』と記載されていたんですが、現地に設置されている案内板には『ウキンガー』と表記されていましたね。

この『ウキンガー』の手前にある場所の角っこに、かなり劣化した古い小さな石柱が置かれていたので、ガーを見に行く前に、その石柱を見てみると・・・
橋梁架設記念碑の写真
橋梁架設記念碑
『橋梁架設記念碑』と記されていました。

記念碑に向かって左側は壊れてしまっていたんですが、右側の側面には橋梁架設に関わった村長をはじめとする方々の氏名が刻まれており、裏面には日付が記されていました。

日付は、文字が少し劣化していて判読しづらかったんですが、『昭和五年十月吉日』となっていました。

『橋梁架設記念碑』を見学した後、『ウキンガー』のある場所へと降りていきました。
ウキンガー(ウケンガー)の写真
ウキンガー(ウケンガー)
『ウケンガー』は窪地に2ヵ所設けられており、双方の貯水槽の後方に香炉が1基ずつ設けられていました。

手前側は、貯水槽にも雑草が生い茂っていて、水の有無を確認することが出来ませんでしたが、奥側の『ウキンガー』は、雑草があまり生えておらず、比較的綺麗な状態で水が溜まっているのが確認出来ました。
ウキンガー(ウケンガー)の写真
手前側の『ウキンガー』
奥側の『ウキンガー』
ウキンガー(ウケンガー)の写真
奥側の『ウキンガー』。雑草が生えているものの、水が溜まっているのが確認できました。
この『ウキンガー』を見学させて頂いた後、一旦県道まで戻り、うるま市天願向けに進みました。

先程の『宇堅村クバウ嶽之殿』の前を通過して、約100mほど進んだところ左側に小さな脇道があるんですが、その脇道の入口には『シリガー』と表記されている案内板が立てられています。
シリガーの写真
県道から見た『シリガー』の入口
その脇道に入り、約30mほど進んでいくと、左側に『シリガー』がありました。
シリガーの写真
シリガー
ご覧の通り、こちらは貯水槽に鉄格子が設置されており、その後方に香炉が1基置かれていました。
シリガーの写真
『シリガー』内部。下の方に水が溜まっているのが確認できました。
こちらも、現在も豊富な水を湛えているようで、水管のようなホースが設置されていましたね。

『シリガー』の向かい側には、畑があり、どうやらこちらから水を得ているようでした。
シリガーの写真
『シリガー』の向かい側にある畑
この『シリガー』まで見学させて頂いた後、最後に宇堅区の南東側に位置する『野鳥の森自然公園』の近くにあるガー(井泉)へと向かいました。

こちらは、『野鳥の森自然公園』の南側にある駐車場の前から、『沖縄電力具志川火力発電所』向けに進み、約400mほど進んだところ左側にある2つめの脇道に入ります。

そして、そこから約170mほど進み、2つめの脇道を左折し、前方に見えてくる鉄塔の手前右側にある脇道へ右折すると、すぐ左側にあります。
イジュクガーの写真
イジュクガー
こちらは、集落からだいぶ離れた場所にあるためか、長い間草刈りなどが行われていないようで雑草が繁茂してましたね。

また、『ガー』は、柵で囲われており、貯水槽に誤って落ちないようになっていました。
イジュクガーの写真
水量は豊富なようでした。
柵の上から写真を撮り、貯水槽の中を確認すると、こちらもまだ水を湛えているようでしたね。

『イジュクガー』を囲う柵の左側から、後ろの方に小さな獣道があったんで、そちらへちょこっと行ってみると、南東の方角に向く拝所のような場所がありました。
イジュクガーの写真
『イジュクガー』の後方。ブロックと木が設けられて拝所っぽい感じでしたね。
・・・と、ここまで見学させて頂いた後は、宇堅区を後にし、次の史跡へと向かいました。

今回はこの辺にして、この続きはまた別の回にご紹介しますね。

それでは、そろそろこの辺で。。。でわでわ☆★☆

最後まで読んでくださって、ありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ 御協力お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

『クバウ御嶽』・『シリガー』・『アシビナー』
・『イジュクガー』・『ウキンガー』☆

☆場所:〒904-2211
      沖縄県うるま市字宇堅

☆見 学:無料

☆駐車場:なし

2017年5月24日水曜日

地元客に愛される那覇市若狭の住宅地にある老舗沖縄そば屋さん☆

どーもども⭐

一昨日(22日)は、久しぶりに後輩と昼食をとろうってことになり、浦添市内の食堂へ向かったんですが、店舗前に到着すると、この日は残念ながら、すでに閉まっていたんですよ。。。(泣)

急きょ、浦添市内でどこか良さげな食堂は無いか、スマホで検索したものの、なかなかピンとくるような食堂が見つからない・・・

んで、お隣の那覇市まで足を延ばそうってことになり、那覇市若狭の住宅地の一角にある沖縄そば屋さんへ行ってみることにしました👍

沖縄県那覇市若狭にある

『若狭パーラー』

若狭パーラーの写真
優しさのあるまろやかぁ~な味わいで、とーっても美味しかったですね😊✨

スポンサーリンク