◎西原町池田にある食堂☆|沖縄放浪日記

この記事をシェアする

2015年3月4日水曜日

◎西原町池田にある食堂☆

う~ん・・・なかなか天気が安定してくれないですねぇ・・・

昨日は、日中なんとか晴れててくれたのに、夜になってから降り始めましたネ。。。(-_-;)

夕方ごろから、ちょこっと用事でお出かけしてて、帰る頃には超ー土砂降り・・・ホント最悪でした(T_T)

さてさて☆この前、ヨメさんと『南部ドライブ』から帰る途中、ついでに夕ご飯も食べて帰ろぉってことになり、西原町にある『食堂』に行ってきました☆

沖縄県中頭郡西原町池田にある『運玉食堂(うんたましょくどう)
『運玉食堂』

こちらは、『池田ダム』『沖縄カントリー倶楽部』とゆーゴルフ場の近くにあり、もともと老舗の大人気食堂『いけだ食堂』があったトコなので、すぐ分かると思います☆
ちなみに、『いけだ食堂』さんは、沖縄県島尻郡与那原町東浜へ移転しちゃったんですよねぇ~( ̄▽ ̄)ノ☆

その日、ネットで調べた閉店時間が、22時って書かれてたから、全然大丈夫だろぉと思いすぐ向かったんですよ。。
店内の様子☆と『運玉義留(うんたま ぎるぅ)』の説明書き♪
到着したのは、たしか夜8時半過ぎくらいだったかな。。。店内に入ると、店員さん曰く、なんと!21時までとの事。。Σ( ̄□ ̄;)

・・・ですが、店員さん達が、「大丈夫ですよぉ~どぉぞ~♪」と親切丁寧に案内してくれました♪(≧▽≦)ノ
ありがとぉ~ごじゃまーすm(_ _)mm(_ _)m

座敷のテーブル席に座り、急いでメニュー選び♪

今回は、ワタクシが『そば定食』で、おかずが3種類から選べるとのことなので『白身魚のフライ』を、ヨメさんは『若鶏のネギソース仕立て』を、それぞれオーダーしました☆
『そば定食』
待つこと数分で、2つ同時に出てきました♫

速攻で写真を撮り終え、さっそく『沖縄そば』から「いっただっきまぁ~す」( ̄▽ ̄)ノ☆

ん~♪♪♪美味しいですネぇ~(^艸^)

最近、いろいろなバリエーションの『沖縄そば』がたくさん出てきてますが、たしかに、あちらの方も美味しいんですが、こーゆー昔ながらの定番の『沖縄そば』も、なにげに大好きなんですよねぇ~(*^。^*)
『沖縄そば』『白身魚のフライ』
んで、『白身魚のフライ』は、どれどれ~・・・

ほっほぉ~い☆メッチャ美味しいぢゃありませんかぁ~\(゜▽\)(/▽゜)/イェーイ♪

外サクサク、中ふっくらで、ホントに旨いッ!!!このタルタルも良い感じで、メッチャ最高でした☆

お次は、ヨメさんの『若鶏のネギソース仕立て』
『若鶏のネギソース仕立て』
こちらも、見るからにボリューム満点で、メッチャ美味しそぉ~(^艸^)

ヨメさん、一口パクッと頬張ると・・・「ん~♪おいひぃ~♡」と大喜び!!!(≧▽≦)b

「ネギが効いてて、お肉柔らかくて、まさにワタシ好み♡」とのこと☆

どれどれ~☆と、一切れ味見させてもらうと・・・おぉッ!!ウマいッΣ( ̄□ ̄;)

ホント、お肉柔らかくて、この『ネギ』が良い感じで効いてて、最高でしたネ♪

その後、二人パクパク食べ進め、あっとゆー間に完食しちゃいました(笑)

店員さんに、「どぉぞ、ごゆっくり~♪」って、料理出された時に、言われてたんですが、さすがに閉店間際。。。

食後に、ゆ~っくり寛ぐわけにもいかず、ホッと一息ついて、すぐお会計を済ませ、お店を出ました(^-^;
ごちそぉ~さまでしたぁ~m(_ _)mm(_ _)m

いやぁ~☆今回、『運玉食堂』さんに初めて入ったんですが、ホント美味しかったし、リーズナブルで、メチャ大満足致しました(⌒▽⌒)/☆
店員さん達、超ぉ~優しかったしぃ(^艸^)

ワタクシみたいに、ボリューム感を求める人には、サイコーのお店だと思いますよぉ~(^_-)-☆

それでは、この辺で♪  でわでわ☆★☆

最後まで読んでくださって、ありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ 御協力お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ    


☆店舗情報☆

☆お問い合わせ:098-944-5877

☆住所:〒903-0115
     沖縄県中頭群西原町池田172-8

☆営業時間:11:00~21:00 《閉店時間:要確認》
(※他のサイトには22時までと記載されてましたが、実際に行った際、21時までと言われましたので)

定休日:年中無休

☆総席数:90席

☆全面喫煙可

☆駐車場:有

【運玉義留(うんたま ぎるう)】沖縄芝居に登場する架空の義賊。
沖縄において、18世紀の初頭に活躍したと民話によって伝えられる。
『義留(ぎるう)』は、農民の出身で、按司の屋敷に奉公していたが、「大盗賊になって名を上げてやる」と一念発起し、相棒の油喰坊主(アンダクウェーボージャー)と一緒になって、現在の西原町と与那原町にまたがる『運玉森』を拠点とする義賊となった。それで『運玉義留』と呼ばれることになった。
王族、士族の家を狙って盗みに入り、盗んだ金品を貧民へ分け与えたとされている。また、盗みに入る際は、相手に日時を告知するという怪盗としての性質も備えている。
(Wikipediaより。一部略)

スポンサーリンク