2015年11月11日11時にオープンした南城市大里字仲間にある沖縄そば屋さん☆|沖縄放浪日記

この記事をシェアする

2016年10月7日金曜日

2015年11月11日11時にオープンした南城市大里字仲間にある沖縄そば屋さん☆

どーもども⭐

遅ればせながら。。。去った2016年10月4日で、当ブログ『沖縄放浪日記』が満2年となりました。

これもひとえにgoogle+、Twitter、Facebook、はてなブックマークのフォロワーの皆様をはじめ、たくさんの方々に支えて頂いたお陰だと思っております。

心より感謝いたしております🙇

これからも、少しずつ沖縄の情報をご紹介していきますので、どうぞ宜しくお願い致します🙏

さてさて✨

一昨日(5日)、朝からずーっとパタパタしてて、正午に昼食をとることが出来なかったんですよ。。。

んで、どこかで遅めの昼食をとろうと思い、昨年11月11日の午前11時にオープンした南城市大里字仲間の沖縄そば屋さんへ行ってきました💨

沖縄県南城市大里字仲間にある

『琉心そば』

琉心そばの写真
『パイナップル豚純』とカツオ出汁の絶妙なブレンドのスープが絶品でしたね🎵😆👍
こちらは、南城市大里の県道77号線86号線が交差する『仲間』の交差点から、県道86号線南風原町喜屋武向けに約700mほど進んでいくと、県道沿い左側にあります✨
ちょうど『当間』のバス停のところにあります✋
琉心そばの写真
琉心そば✨
この日、こちらに到着したのは、午後3時過ぎくらい。。。

店舗から少ぉ~し離れたところにある駐車場にクルマを停め、さっそく店内へと入っていきました💨
琉心そばの店内の写真
店内の様子✨
店内は、座敷席が中心となっており、テーブル席は2ヵ所のみ☆

程よい和のテイストを取り入れた、清潔感溢れる店内となっておりました(^^♪
琉心そばの店内の写真
テーブル席は2ヵ所✨
また、店舗入口のドアには『沖縄そばスタンプラリー』のポスターが貼られており、今年初めて参加されたとのことです😊✨
琉心そばの店内の写真
座敷席から見たカウンター✨
店舗出入口横の座敷席に座り、さっそくメニュー選び🎵

こちらは、沖縄そば専門店となっていて、店名が付けられた『琉心そば』をはじめ、8種類の沖縄そばが用意されており、他には『ジューシー』や『軟骨ソーキ丼』、『ジーマーミ―豆腐』、『ぜんざい』など数種類の単品メニュー、そして『沖縄そば』+『ジューシー』などのセットメニューが数種類用意されておりました💨
琉心そばのメニューの写真
メニューはこちら🎵
琉心そばのメニューの写真
メニュー反対側✨
んで、どれにしようかいろいろ悩んだ末に、今回は、セットメニューから「人気No.1」と表記された『ジューシーそばセット』をオーダーしました😁👍

すると、お店の方から「ドリンクはセルフサービスとなっているので、お好きなドリンクをどうぞ~🎵」と勧められました😄🎵ありがとうございまーす🙏
琉心そばの写真
カウンター上に用意されていたサービスのドリンク類🎵
ドリンクは、アイスコーヒー、アイスティー、むぎ茶などが用意されており、これらが無料サービスなんて、なんだか得した気分になっちゃいますね(笑)

アイスティーをコップに入れ、席へ戻り、しばらく待っていると・・・「お待たせしましたぁ~」の声とともに、『ジューシーそばセット』が運ばれてきました💨

『ジューシーそばセット』は、店名が付けられた『琉心そば(中)』と『ジューシー』、そして『ジーマーミ豆腐』と『酢の物』がセットになっています👍

ん~🎵出来たてホヤホヤで、メッチャ美味しそうッス😋🎵
ジューシーそばセットの写真
ジューシーそばセット✨
写真を撮り終え、いつものように、まずはスープから飲んでみると・・・

おぉ~ッ🎵まろやかなコクの中に、ほのかに甘さが感じられて、メッチャ美味いッ❗❗🙌🙌🙌ワーイ♪ワーイ♪

お店の方の話によると、化学調味料は一切使用せずに、ブランド豚である『パイナップル豚純』の出汁骨とひき肉を使用し、中華の清湯(チンタン)の製法で仕上げているんだそうです❗❗
琉心そば(中)の写真
琉心そば(中)✨
また、カツオ出汁もある程度はブレンドしているそうなんですが、基本的には『パイナップル豚純』の出汁をベースにしているんだそうですよ✋😊

あっさりとしていて口当たりが柔らかく、また、まろやかなコクもあって、ホント最高でしたねぇ~👌😊
※あくまでワタクシの個人的な感想ですよwww

続いては、そばの麺⭐
琉心そば(中)の麺の写真
『亀浜製麺所』さんの中細ストレート平麺✨
こちらも『亀浜製麺所』さんの麺を使用しているとのことで、中細ストレートの平麺です👍

さっそくパクッと食べてみると・・・

ウン🎵コシが強く、食べごたえバツグンで、メッチャ美味いッ❗❗🙌🙌🙌イェーイ♪

なんでも、麺を茹でる際に使用する水にも拘っているとのことで、ゆで時間も微調整して、最後までコシが弱くならないようにしているんだとか❗😲スゲェ・・・

たしかに、食べ切るまでにコシがほとんど弱くなることはありませんでしたね👌😋
軟骨ソーキと三枚肉の写真
トッピングの『軟骨ソーキ』(左)と『三枚肉』(右)✨
お次は、トッピング⭐

『琉心そば』には『軟骨ソーキ』と『三枚肉』の2種類のお肉とカマボコ1枚、そして、『沖縄そば』では珍しい『タピオカ』が乗せられてました😲

『タピオカ』が、『沖縄そば』のトッピングとして用いられたのは沖縄県内で初なんだそうですよ❗❗
かまぼことタピオカの写真
トッピングの『カマボコ』(左)と『タピオカ』(右側の写真中央の3つの玉)✨
まずは、『軟骨ソーキ』からガブッと食べてみると・・・

うほほぉ~い🎵軟骨がトロットロで、肉質が超ぉ~柔らかいッ❗❗😆👍

味付けも濃すぎず薄すぎず絶妙で、メッチャ美味しかったッスね🎵🎵🎵

そして『三枚肉』⭐

いざパクッと食べてみると・・・

ん~🎵こちらも味付けはメッチャいい感じで、とても美味いッ😋

『軟骨ソーキ』ほどではないものの、程よい柔らかさでサイコーでした⭐

また、肝心の『タピオカ』なんですが、お箸で摘まむことが出来なかったので、最後にスープと一緒に食べたんですが・・・食感は『軟骨ソーキ』の軟骨っぽい感じで、正直あまり良く分かりませんでした(笑)😅

一通り『琉心そば』を堪能した後、お次は『ジューシー』に着手⭐
ジューシーの写真
ジューシー✨
いざ一口パクッと食べてみると・・・

おぉ~ッ🎵絶妙な味付けで、メッチャ美味いッ❗❗👌😆

食感も、パラッとしてて心地よく、また、『琉心そば』との相性もバッチシで、こちらもサイコーでしたよぉ~👍

そして、食べ進める途中で、『ジーマーミ豆腐』と『酢の物』に着手⭐
酢の物の写真
酢の物✨
ジーマーミ豆腐の写真
ジーマーミ豆腐✨
『ジーマーミ豆腐』とは、落花生を使用した沖縄の郷土料理でして、鹿児島県の郷土料理にもなっているみたいですね😉✨

『ジーマーミ』は、漢字で『地豆』と表記され、沖縄では『落花生』を意味します⭐

また、地域によっては『ジーマミー』とも呼ばれたりしますね💨

いざ、パクッと食べてみると・・・

ん~🎵モチッとした食感がとーっても心地よく、メッチャ美味いッ❗❗

ちょっとしたお口直しには持ってこいの添え物でしたね~🎵
琉心そばの調味料の写真
8種類の薬味・調味料✨
そして、そばを食べ進める途中で、『よもぎ(フーチバー)』と『コーレーグース』を投入~🎵

こちらは、この2つを含めて8種類の薬味・調味料が用意されていて、お好みで使用することが出来ちゃいます😉‐⭐

その8種類の薬味・調味料も紹介されていましたよぉ~✋🎵
琉心そばの薬味紹介の写真
薬味紹介✨
琉心そばの薬味紹介の写真
薬味紹介(裏面)✨
いやぁ~✨至れり尽くせりって感じで、なんだか嬉しくなっちゃいますね(笑)🎵

そして、『よもぎ』を投入した写真がコチラ🎵↓↓↓
琉心そばの写真
ドサッと投入~💨💨💨
『よもぎ』を投入して、いざパクッと食べてみると・・・

ん~🎵『よもぎ』の程よい苦みがプラスされて、美味さ倍増~🎵🎵🎵

ってか、こちらのスープはホント凄いですね✨

ごく稀に、『よもぎ』を投入すると、『よもぎ』の苦みにスープの味が負けてしまったりすることがあるんですけど、こちらのスープは絶妙に合わさる感じで、ホント最高でしたね👌😆🎵
※あくまで個人的に、、、ですよwww

ほいで、その後はパクパクと食べ進めていき、今回も見事に完食❗❗

食べ終えた後、お会計の際に、少ぉ~しだけお店の方とお話させて頂き、いろいろ教えて頂きました🎵

んで、お話を終えた後、お礼を伝え、お店を後にしました💨

いやいやいや✨今回の『琉心そば』さんは、初めての来店でしたが、スープ・麺・トッピングとどれもワタクシ好みで、超ぉ~最高でしたね🎵😄✨

また今度、南城市を訪れた時は、ぜひとも立ち寄らせて頂きたいと思います👍

それでは、そろそろこの辺で。。。でわでわ☆★☆

最後まで読んでくださって、ありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ クリックお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

☆店舗情報☆


☆お問い合わせ:098-946-7543

☆住所:〒901-1400
     沖縄県南城市大里字仲間731-1

☆営業時間:11:00~17:00(ラストオーダー⇒16:00) ※売り切れ次第終了
        
定休日:火曜日・年末年始・旧盆 ※不定休あり

☆総席数:30席

☆店内完全禁煙(店舗外に喫煙所あり)

☆駐車場:有り(20台)

※『琉心そば』の公式HPはこちら⇒http://ryushinsoba.ti-da.net/

スポンサーリンク