かつて神女の就任式が行われたと伝わる西原町嘉手苅にある御嶽☆|沖縄放浪日記

この記事をシェアする

2017年1月19日木曜日

かつて神女の就任式が行われたと伝わる西原町嘉手苅にある御嶽☆

ハイサぁ~イ⭐

この前、南風原町の『アグーだし汁使用の店 ゆい食堂』で食事を終えた後、帰りがけに西原町の御嶽を見学しに向かいました。

こちらは、かつて神女の就任式が行われていた御嶽(ウタキ)なんだそうで、村の開祖である『夫婦』を祭った場所でもあるんだとか。。。

沖縄県中頭郡西原町字嘉手苅にある

『ウフンミウタキ』

ウフンミウタキの拝所の写真
ウフンミウタキの頂上には3つの拝所がありました。
こちらは、西原町の国道329号線県道38号線がぶつかる『小那覇』の交差点から、国道329号線を同町内間向けに約400mほど進むと、国道沿い左側にあります。
ウフンミウタキの写真
真正面の木々の後方の小高い丘が『ウフンミウタキ』
こちらには駐車場が無いため、御嶽に隣接する脇道沿いにクルマを停め、すぐさま見学開始。

御嶽入口は、丘の南側の国道沿いにあります。
ウフンミウタキの入口の写真
 『ウフンミウタキ』の入口
御嶽入口には、一つの拝所と標柱が立てられています。
ウフンミウタキの拝所と標柱の写真
『ウフンミウタキ』入口の拝所と標柱
この拝所の後方に、丘の上へと伸びる階段があり、そこから丘の頂上へ向かうことができます。
『ウフンミウタキ』の階段の写真
『ウフンミウタキ』入口の拝所後方にある階段
階段を上がって頂上へ行くと、そこは少し開けた場所となっており、広場のほぼ中央に拝所が1基、そして、その後方奥側に2基の拝所がありました。
ウフンミウタキの頂上の写真
丘の頂上の広場。
ウフンミウタキの拝所の写真
広場のほぼ中央に位置する拝所
拝所に使用されているのは、珊瑚石らしいんですけど、かなり劣化しており、以前に補強を施してはいるようですが、今にも崩れそうになっていましたね。。。

西原町の公式HP『文化財:ウフンミウタキ』のページによると、『琉球国由来記(1713年編纂)』に記載されている大嶽(神名:真南風ノアナ真コチアナ真シラゴノ御イベ)に相当するものと思われるとのことです。
ウフンミウタキの拝所の写真
広場北側にある2つの拝所
『ウフンミウタキ』は、内間集落の前に位置することから、『メーヌウタキ』と呼ばれているんだそうですよ。

また、かつては神女の就任式が行われていたんだそうで、就任式の際に神女に神の名が授けられるということで、『ウナージキヌウタキ』とも呼ばれたんだとか。

あと、この一帯からは、近世の陶磁器が採集されているとのことです。
ウフンミウタキの拝所の写真
広場の北側に位置する拝所
ウフンミウタキの拝所の写真
「天地」と刻まれた拝所
珊瑚石が使用された拝所の後方にも拝所が2つあり、1基は祠状になっており、もう1基は大きな木の根元にあって「天地」と刻まれていました。

この広場には、この3つの拝所だけだったので、いったん丘を下りて、丘の後方へ行ってみることに。
ウフンミウタキの東側の写真
ウタキ東側
『ウフンミウタキ』の東側は、国道から集落へと続く脇道が隣接しており、丘の麓にはコンクリートブロック製の小さな構造物と水タンク(?)がありました。
ウフンミウタキの北側の写真
ウタキ北側
ウフンミウタキ北側の砂利道の写真
ウタキ北側の砂利道。
そして、ウタキ北側も、国道から入ってきた脇道からさらに分岐した砂利道がありました。

その砂利道を進んで行くと・・・
ウフンミウタキの拝所の写真
『ウフンミウタキ』北西に位置する拝所
その先にも、拝所が1基ありました。
ウフンミウタキの拝所の写真
『ウフンミウタキ』北西にある拝所
そして、この拝所のある場所から、ウタキを回り込むような感じで、西側へ行ってみると・・・
ウフンミウタキに隣接する砂利道の写真
『ウフンミウタキ』北西部から西側へ伸びる砂利道
そこには、拝所となっている『カー(井戸)』がありました。
ウフンミウタキの井戸の写真
『ウフンミウタキ』西側に位置する拝所となっているカー(井戸)
・・・と、ここまで見学した後は、そのままクルマへと戻り、次の史跡へと向かいました。

『ウフンミウタキ』一帯は、木々が繁茂しているんですが、定期的に清掃活動を行っているらしく、比較的綺麗な状態が保たれており、とても見学しやすかったですね。

それでは、この辺で。。。でわでわ☆★☆

最後まで読んでくださって、ありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ 御協力お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

☆『ウフンミウタキ』☆

☆場所:〒903-0102
      沖縄県中頭郡西原町嘉手苅 上之松

☆見 学:無料

☆駐車場:無し

スポンサーリンク